FLAT OUT 155

<   2012年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧


汝、侮るなかれ

2012年10月21日

昨夜、我がアルファロメオ155を車検の為、「親方」の工場に預けた。
今回は通常の24か月点検に加え、
エンジンオイル・ギヤオイル・ブレーキフルードの交換
タイミングベルト・バランサーベルトの交換をお願いした。

b0210221_19372131.jpg


ところで我が敬愛すべきイタリア車仲間のブログを見ると
秋のドライブ、イベントに大忙しのようで、ここのところうらやましくて仕方がなかった。
そこでフィアットプントエヴォを箱根に連れ出した。

b0210221_19281817.jpg



山中湖にはよく通っているフィアットだが、
TOYOターンパイクや芦ノ湖スカイラインには行ったことがなかった。

我がフィアットは1.4リッターSOHC 77馬力だ。
ターンパイク料金所を半分あきらめて通過、各ギアでゆっくり引っ張る。
3速でもたつくかと思ったが、まったくそんなそぶりは見せず、
フィアットはぐいぐいと加速していく。
しかし失速しないよう「相応の速度」を維持することが条件だ。


b0210221_19292176.jpg


カーブの入口はスロットルを少し緩め、ノーズをインに向け、
ゆっくりとステアリングを切り込み、サスペンションのストロークを
フル活用し、しっかりと車体をロールさせ、スロットルをじわりと踏み込む。
これで完全にニュートラル状態でカーブを通過することができる。
カーブのクリッピングポイントで開けたスロットルはそのまま、
ステアリングを少し切り込むとリアがじわりとスライドを始める。

レスパワー故、ブレーキを踏んだのは数回、それも曲率が異なる
複合カーブでキッカケをつくる時くらいだ。

b0210221_19302520.jpg


なんか自動車雑誌の記事みたいになってしまったが、
イタリアンベーシックカーはあらためて侮れないと感心した。
クルマのなんたるかを知っている者でなければ
こんなクルマはつくれない。
汝隣人を侮るなかれである。

b0210221_19305688.jpg



ところで我がフィアット、昨年の10月21日に納車されてからちょうど一年が経った。
走行距離は15,000㎞を超えた。6月にスタート&ストップシステムの不具合で
デュアロジックのハイドローリックユニットをクレーム交換したのを除き、
大きなトラブルなく順調に走り続けている。
急ぐ必要がないのにいつも急いでいるイタリア人ドライバー気分になれる
フィアットが私はとても気に入っている。


にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ
にほんブログ村


にほんブログ村 車ブログ イタリア車へ
にほんブログ村


にほんブログ村 車ブログ フィアットへ
にほんブログ村
[PR]

by kodairaracing | 2012-10-21 19:36 | フィアットプントエヴォ

SMART WOOL

b0210221_16325076.jpg
2012年10月初旬

学生時代からなじみのある吉祥寺に私の愛用する
靴下の専門店がある。「SEASONS」という店だ。

この店が取り扱う靴下が「SMART WOOL」だ。
コットンではなく、100%ウール製の靴下は、
一足¥1,500~2,000と安くはない商品だ。

しかし6年前に購入したトレッキング用のソックスは
ところどころ薄い個所もあるが十分に使える。
しかもウールの効能である吸水性能、抗菌作用で
男性の悩みである足のニオイや水虫の発生を抑制されるのが
大変ありがたい。

下手な5足¥1,000の安売り品よりも耐久性は十分にあるし、
スマートウール特有の足元のさわやかさ、冬場の保温性能は
その値段以上の価値があると私は思う。
[PR]

by kodairaracing | 2012-10-08 16:31 | my favorite

エゴというものは

2012年10月初旬

先週から勤務先の工場でオールドアルファを預かっている。
依頼された施工内容は完成し、
今は会社のショールームスペースで納車まで保管している。

時に美しいヴィンテージアルファは人の理性を失わせる。
注意しても不意に触れたがる者が絶えない。
よって私は改めて預かり車両には手を触れぬようにと
社内に通知を出した。

b0210221_1652135.jpg


私の勤務先ではこの年末に1階ショールームを改装し
カーディテイリングショップを新規オープンする予定だ。
社内の営業企画担当がその準備にあたっている。
その担当者が私の通知に腹を立てたのか
今後1階改装で車両を預かることができない可能性があると
メールを送ってきた

考えすぎとも思えるが、
通知のメールに返信してきている以上、
担当者の腹いせにほぼ間違いない。
たまたま預かっているクルマがクルマなだけに
僻みやねたみの類であろうか
エゴをここまでわかりやすくぶつけられると、
笑いが止まらない。

たとえば整備工場に自分の愛車を預けたとする。
作業に従事する整備士、担当営業マン、フロント以外の人間が
たとえそこの社員であろうと不必要にベタベタと触れたら嫌なものである。
というか自動車関連業に携わる以上、マナーは守るのが常識だ。
カーディテイリング業が今一つ自動車事業に仲間入りさせて
貰えない一つの理由に自動車業界のマナーを知らなすぎるということがある。
恥ずかしながら私の勤務先もそのようなマナーの欠如が見受けられる。
だから自動車メーカー、ディーラーから見下されるのだ。

私に嫌な通知をされたことに腹を立てる前に
自分たちのマナーの欠如を反省すべきだ。

我が親友のミスターコメンダトーレもそのコレクションの内容故、
そういう手合いに苦慮している、注意すれば逆恨みされ、
根拠のない悪評を広められ、勝手に偉そうな奴にされてしまう。

しかしわかりやすいエゴはただみじめなだけだということを
肝に銘じるべきである。


にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ
にほんブログ村


にほんブログ村 車ブログ イタリア車へ
にほんブログ村


にほんブログ村 車ブログ フィアットへ
にほんブログ村
[PR]

by kodairaracing | 2012-10-08 16:08