FLAT OUT 155

<   2011年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧


梅雨

2011年5月29日

もう世間では梅雨入りしたとかしないとか
今年ももう少しで半分が過ぎ去ろうとしている。

5月の連休と週末はツーリング三昧だった。
峠越えも幾度も行い、エンジンオイルの
劣化が進んだのでエンジンオイル・フィルター
トランスミッションオイルの交換を行った。

b0210221_1635950.jpg


エンジンオイル 4.5リットル ¥4,950
バーダルB2         ¥2,500
オイルフィルター      ¥1,575
交換工賃          ¥4,000

TMオイル    2リットル ¥2,600
交換工賃          ¥2,000

今回は工場のおすすめでバーダルB2という
添加剤をエンジンオイルに混ぜ合わせた。
モーターのように回転が上昇し、
2,000rpmでトントンと小気味良くシフトアップ。
あやうく法定速度を軽くオーバーしそうになる。
作業を担当してくれたメカニックによると
ドレンボルトのねじ山が若干緩み気味で、
次回の交換作業時にはねじ山をタップしましょう
とのアドバイス。我がアルファロメオ155にも
ついにその時がきてしまったようだ。

そしてもうひとつメンテナンスを行った。
梅雨だけに雨対策を万全にしたい。
こと155に関してはワイパーモーター始め、
デリケートであるので、ワイパーゴムの選択は
悩みどころだ。特に後期形のワイパーアームは
形状や構造が特殊である。デザインは今まで見た
いろんなアームのなかで一番の格好良さを備えているが、
その適合品を探すのは難しい。

b0210221_1603220.jpg


そこで私はソフト99製のガラコ撥水ワイパーを
使っている。品番は12番、500mm・台形の
タイプが155後期型のアームにぴったりだ。


b0210221_1614739.jpg


長さは合っても断面形状が長方形だったりすると
取り付けが不可能なので台形のこのワイパーゴムが
良いのだ。しかもモーターが弱い155、
下手にガラス撥水剤を塗ったりすると
ジャダーが発生、最悪ワイパーが停止することがある。
しかしこのワイパーゴムにはシリコン系の
撥水剤が浸透しているのですべりがよく、
モーターやアームに優しいのだ。
もしワイパーゴムで悩んでいる155オーナーがいたら
試してみて欲しい。

ソフト99 ガラコ撥水ワイパー No12 ¥980×2

あと左ロービームが球切れを起こしたので交換。

KOITO H1 12V55w   ¥1,060

小糸製作所製とずっと思っていたが、PHILIPS製のものを
KOITOブランドで販売しているのだ。
なにかとハイワッテージバルブに交換する例が多いが、
私は純正ハロゲンのようなやわらかい灯りが
この年代のクルマには似合うと考えるのでこれを選んでいる。
23区内ではキセノンに負けるのは仕方がないが、
全体の雰囲気を壊したくないのだ。

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ
にほんブログ村
[PR]

by kodairaracing | 2011-05-30 16:04 | アルファロメオ155

今さらGT

いつもの週末、大久保通り
いつもと同じコインパーキング

ふと振り返る
「こんな薄暗い場所に停めて、あの女のところへ行くのか」
アルファロメオの薄いヘッドランプが俺を睨む。

b0210221_0503229.jpg


俺は振り切り、速足で白いタイルの壁のマンションへ。

お前はいつも優しい時と冷酷な時が混ざり合う。
俺はそんなお前にイラつき、つらく当たる。

でもそれはお前の俺への愛情だったと気づくのは
お前の部屋を飛び出して、環七を横切る頃

コインパーキングの自販機で買った
缶コーヒーの甘ったるさが舌の上でべとつく
飲まなければよかった。
もっと優しくしていれば
お前が淹れてくれたコーヒーを飲めたのに

聞いて確かめるまでもなく
お前の言葉、まなざしで分かったはずなのに

こんな俺をお前と明日は赦してくれるのか

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ
にほんブログ村
[PR]

by kodairaracing | 2011-05-16 00:51 | ハンサムGT

レジデンス麻布#10

店に行った最後の夜
互いに気持ちが引き寄せられる。
二人の気持ちは同じだと分かっていても
戸惑いが見え隠れ

お前の店に行ってから、ひと月も経つのに
お前は電話ひとつよこさない。
俺を虜にしたお前が住む
レジデンス麻布#10

b0210221_21343340.jpg


俺は独りさみしい夜
石畳の商店街にゆっくりとクルマを走らせる。
お前に逢うことなどないと分かっていても
石畳を一つ一つタイヤが踏む度に
お前の気持ちを確かめたくて
恋しさがこみ上げる。

b0210221_21354768.jpg


フェイクな木目がむなしい老舗の蕎麦屋
シャッターの閉じた角のおもちゃ屋
エスプレッソが美味い階段の上のピザ屋
信号に一つつかまって
六本木ヒルズを左手に曲がり
未練を振り払うように
トンネルを抜け青山へ

クルマのまばらな青山通り
アクセルを踏めるのに

b0210221_21365957.jpg


俺を好きになりたくても
好きでたまらなくて
つらくなるからと

そんな優しいお前を
傷つけたくなくて
気持ちを確かめられない。

神宮の並木道「ヒューン」と
クルマのギヤ鳴りが囁く。

あの夜お前が俺の手をそっと握ったように
ハンドルに手を添え、シフトを握り
俺は夜中ひとり走り続ける。

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ
にほんブログ村
[PR]

by kodairaracing | 2011-05-15 21:42 | ハンサムGT

Dreaming Day

ある晴れた日曜日の午後
僕は夢の中にいた。

蒼い青の海を背に
とても低い太陽の下
白い砂埃が煩いなだらかな
丘陵地帯を尾根伝いに
紅いレーシングカーが疾駆する。

b0210221_9222119.jpg


そのレーシングカーは
指で弾くと「カーン」と澄んだ音を
立てる繊細な鋼管が幾重にも美しく
重なってできたフレームを
職人が手叩きで一枚一枚作り上げた
美しい曲線をもつボディパネルで覆い
心臓は神の名の下に鋳造されし
アルミニウム製エンジンをもつ。

周りを真空にするくらい
ありったけの空気を吸い込むキャブレター

蜜蜂の羽よりも繊細で精密なバルブ&カムシャフトを
備えたツインカムヘッド

豊かなトルクと緻密な高回転馬力を紡ぎだす
オールアルミエンジン

すべてが一斉にコックピットを
音楽よりも不規則かつ正確な
サウンドで満たし、そしてそれは
シシリーの山肌に共鳴する。

そして日が傾く頃、
僕はまた夢に吸い込まれた。
ぼんやりと見える時計は16:00。
24時間レースがスタートした。

ダンロップブリッジをシフトダウン。
減速で乱れる姿勢を巧みに抑えながら
次のコーナーへ消えていく美しいマシン達。

その終わりは一瞬でも気を抜けば
地獄とまで揶揄されるユノディエールを抜け、
インディアナポリスコーナーを立ち上がる時
互いに争うように12個のファンネルが
キャブレターに空気を送り込み
マットホワイトにペイントされた
12匹の白蛇が咆哮をあげる。

b0210221_923773.jpg


その真紅のミドシップマシーンは
赤ワインを注がれたグラスのように
仄かに灯るテールランプを
左右に振りながら次の周回へ向かっていく。

「片付けないと捨てるわよ。夕食の時間よ。」
妻の声で目が覚める。テーブルには2台の
真っ赤なミニチュアカーが置きっ放しだ。
ガラスケースにしまう前にちょっとだけ
斜め後ろから眺めた。子供みたいに
走り去るように動かして遊ぶ。
すると鮮明にエキゾーストノートが
脳内で響き渡った。


にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ
にほんブログ村
[PR]

by kodairaracing | 2011-05-12 09:25 | ハンサムGT

GW

ゴールデンウィーク

今年のGWはドライブ三昧。
一昨日のTOYOターンパイク

b0210221_140360.jpg


昨日は首都高速を周回。
4号からC1に入り、レインボーブリッジを渡り
湾岸線~9号線~箱崎~C1の順に何周か走った。

b0210221_140558.jpg


エンジンオイルを交換してから3400kmを走行。
今月末には交換したい。
そういえば変速機のオイルも一緒にやらなくては。

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ
にほんブログ村
[PR]

by kodairaracing | 2011-05-06 14:02

GW朝箱

5月4日早朝

昨日は夕方から雨が降り
どうなることかと思っていたが、
今日は快晴だ。
早朝5時に家を出、給油する。
一路東名高速を目指す。

GWだけあって追越車線が混雑している。
休日ドライバーの予測不可能な流れは
嫌なので一番左車線を同じペースの
トラックの後ろにつく。

海老名SA、厚木ICを過ぎ
小田原厚木に入る。
早速覆面パトカーが取締中だ。
100㎞/h弱で緩やかに流す。

トンネルを幾つか抜け左急カーブを曲がる。
市街地を30秒走ったらTOYOターンパイクの入り口だ。
料金所手前のPで休憩する。
マツダロードスターのグループが
勇ましい排気音を響かせながら
急こう配を登ってゆく。

b0210221_19311636.jpg


缶コーヒーを飲んでから
700円を払い、ゆっくりと2ndで引っ張る。
5000rpmで3rdにチェンジする。
ピレリP-ZEROはしっかりと路面をつかんでいる。
緩やかな右カーブを抜けようとしたら、
ミニバンに追いついた。
登坂車線が始まるとすぐに左に寄ってくれた。
2ndに落とし5000rpmから踏み込む。
我がアルファロメオ155は
限りなくニュートラルに近い弱アンダーステアから
リバースステアに姿勢変化をし始める。
それでもサスペンションのストロークには
マージンがある。下手な後輪駆動車よりマナーが良い。
と調子に乗っていたら、水温、油温ともに
いい具合に温度が上昇している。

b0210221_19323375.jpg


大観山の駐車場に着くとそこはスポーツカー天国だ。
BMW、ポルシェ、プジョーのグループが集まり、
各々愛車を自慢し合っていた。
しかし、イタリア車は少ない。アルファロメオは
我が155とジュリアクーペ1台のみ。
「イタリア人」は朝が弱いのか・・・

b0210221_1933986.jpg


芦ノ湖スカイラインのヤギPで朝食をとる。
英ライトウェイトが数台停まっている。
イタリア車フリークの私でもカニ目には
言葉では表現できない愛おしさを感じる。
ふとトランクを開けてみると、
携帯工具が散乱していた。そういえば降ろさずに
朝起きてすぐに飛び出したんだっけ。
ターンパイクで異音がしたのはこれが原因か。

帰りは山中湖方面に抜けようとしたが
早くも渋滞が始まっている。
東名高速の御殿場IC第一入口に向かう。
下り車線は「アウトレット渋滞」が発生している。
足柄SAは入口から並んでいる。
中井で休憩し、都内を目指す。
今日は久しぶりに7000rpmまできっちりと
エンジンを回すことができた。楽しかった。


にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ
にほんブログ村
[PR]

by kodairaracing | 2011-05-04 19:34 | アルファロメオ155