FLAT OUT 155

カテゴリ:未分類( 12 )


エゴというものは

2012年10月初旬

先週から勤務先の工場でオールドアルファを預かっている。
依頼された施工内容は完成し、
今は会社のショールームスペースで納車まで保管している。

時に美しいヴィンテージアルファは人の理性を失わせる。
注意しても不意に触れたがる者が絶えない。
よって私は改めて預かり車両には手を触れぬようにと
社内に通知を出した。

b0210221_1652135.jpg


私の勤務先ではこの年末に1階ショールームを改装し
カーディテイリングショップを新規オープンする予定だ。
社内の営業企画担当がその準備にあたっている。
その担当者が私の通知に腹を立てたのか
今後1階改装で車両を預かることができない可能性があると
メールを送ってきた

考えすぎとも思えるが、
通知のメールに返信してきている以上、
担当者の腹いせにほぼ間違いない。
たまたま預かっているクルマがクルマなだけに
僻みやねたみの類であろうか
エゴをここまでわかりやすくぶつけられると、
笑いが止まらない。

たとえば整備工場に自分の愛車を預けたとする。
作業に従事する整備士、担当営業マン、フロント以外の人間が
たとえそこの社員であろうと不必要にベタベタと触れたら嫌なものである。
というか自動車関連業に携わる以上、マナーは守るのが常識だ。
カーディテイリング業が今一つ自動車事業に仲間入りさせて
貰えない一つの理由に自動車業界のマナーを知らなすぎるということがある。
恥ずかしながら私の勤務先もそのようなマナーの欠如が見受けられる。
だから自動車メーカー、ディーラーから見下されるのだ。

私に嫌な通知をされたことに腹を立てる前に
自分たちのマナーの欠如を反省すべきだ。

我が親友のミスターコメンダトーレもそのコレクションの内容故、
そういう手合いに苦慮している、注意すれば逆恨みされ、
根拠のない悪評を広められ、勝手に偉そうな奴にされてしまう。

しかしわかりやすいエゴはただみじめなだけだということを
肝に銘じるべきである。


にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ
にほんブログ村


にほんブログ村 車ブログ イタリア車へ
にほんブログ村


にほんブログ村 車ブログ フィアットへ
にほんブログ村
[PR]

by kodairaracing | 2012-10-08 16:08

井の頭通り

2011年12月初旬

私はいつも通勤で井の頭通りを通る。
この井の頭通りについて最近感じることがある。
それはあまりに車線が狭いということだ。
井の頭通りは井の頭線吉祥寺駅の下から、片側2車線の道路になる。
しかし2車線とはいうものの大型バスやトラックが
通ると2車線にまたがるかたちになる。それほど狭いのだ。

20年前は車の寸法は今より一回り小さく、幅も不足に感じなかったが、
今は3ナンバー車が互いにマージンを確保して並走しようとすると、
右側車線の車はセンターラインの上にまたがらざるを得ない状態だ。

b0210221_11235721.jpg


だから朝の通勤時間帯など、歩道から歩行者や自転車がちょっとでも
はみだし、路肩を通行する車が右によけようにも、右車線にはマージン無し
ぎりぎりで走る車がいるので慎重に車線変更してよけるしかない。

しかも左車線には路上駐車の車両が点在するため、左車線の車がその手前で
右側車線に強引に割り込んだり、右折レーンの無い交差点では左側を通行
する車に割り込む形で右折車をよけて進むしかない状況があり、
事故のリスクかそこかしこに点在する道路になってしまった。

b0210221_11244515.jpg


井の頭通りを永福町方面に向かう車の主な流れは大きく3つに分かれる。
ひとつは環八に行きたい車
二つ目は方南通り経由で新宿へ向かう車
三つ目は大原を抜けて環七、甲州街道へ向かう車

一番事故発生リスクが多い区間はおそらく
吉祥寺~環八の区間だろう。この区間は車線の幅が狭く、
右折レーンが未整備な交差点が多いのだ。

b0210221_11252751.jpg


環八手前、高井戸警察署のあたりから、環八へ右折するグループと、
永福町へ直進するグループにほぼ分かれるので強引な割り込みや
無理な追い越しは減るのだが、この手前までは左からの無理な追い越しや
互いの車線への強引な割り込みなどが頻繁に発生している。

井の頭通りは路肩に路上駐車が点在するため、ここを通る大半のドライバーは
右側車線を制限速度+αの常識的な速度で走っている。
その理由は無駄な車線変更とそのリスクを避けたいということだと思う。
しかしその逆のドライバーもいて、彼らは左側車線を猛スピードで
走行し、路上駐車があれば強引に右側に割り込み、よけたら
また左車線を同じように走っていく。はたからみていると
路肩を走る自転車や原付をかすめ、右車線の車のミラースレスレを
70~80kmで通過する様はいつ事故ってもおかしくないと感じる。

b0210221_1128287.jpg


本来の道交法でいくと井の頭通りも左車線を通常は走行し、右車線は
追い越しに使うのだろうが、路上駐車が点在したり、そもそも狭い幅で
走りにくい道路だ右車線を流れにのって走ることになってしまう。

もしかしたら、右折レーンと路肩を整理して片側一車線に改変したほうが、
安全にハイペースで走れるのではないだろうか?

右車線を安全に流れにのって走っている車を見て
「こいつらは自分より遅い。自分の車の方がが高性能だ。」などと
勘違いして左から追い越し、
路上駐車があれば我先に強引に右車線に割り込み、
かえって右車線の流れを妨害し減速させ、
譲ってもらえない場合、逆上して煽り運転などをしたりする迷惑ドライバーが
いまだに蛆虫(うじむし)のように発生している現状はあまりに危険だ。

こんな風に私のほかにも同じように感じている人もいるのではないだろうか?
だから私は早朝通行量の少ない時に通過するようにしているのだ。


にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ
にほんブログ村
[PR]

by kodairaracing | 2011-12-03 11:29

GW

ゴールデンウィーク

今年のGWはドライブ三昧。
一昨日のTOYOターンパイク

b0210221_140360.jpg


昨日は首都高速を周回。
4号からC1に入り、レインボーブリッジを渡り
湾岸線~9号線~箱崎~C1の順に何周か走った。

b0210221_140558.jpg


エンジンオイルを交換してから3400kmを走行。
今月末には交換したい。
そういえば変速機のオイルも一緒にやらなくては。

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ
にほんブログ村
[PR]

by kodairaracing | 2011-05-06 14:02

迷惑

4月上旬

今の家に住み始めて来月で3年が経つ。
私の家の前の道路は幅が4mしかなく、
普通乗用車がすれ違うのがやっとだ。

家の謄本を見てみると、
実は家の前の道路の一部80平方センチメートルが
私の土地だと記載してある。しかもこの道路に面する
ご近所さんも同じく所有していると判った。

小平市役所に聞いてみると、
どうやらこの道路は中心の幅1m部分が
市道で両脇は私道という扱いだ。

しかしこの道路は一方通行ではなく、
居住者専用ともなっていない。

この道路は小平市中心部から
新小金井街道や鈴木街道に行く
抜け道となっており、住民の迷惑を
考えず傍若無人に遠慮なく
かなりのスピードで通過する
愚か者が後を絶たない。

私を含め近所の皆が車庫入れをする時に
わざと狙ったかのように猛スピードで
迫ってくるのはハッキリ言って大迷惑だ。

b0210221_2334628.jpg


いいかこの道は我々がその3分の2以上を
所有している私道だ。通りたかったら、
お前の車の車幅を1mにして真ん中を通れ。
抜け道で通過するお前たちに我がもの顔で
威張られるのはいい加減腹が立つ。

この道は我々がその一部を所有している。
お前たちに通る権利は無い。我々の土地に
無断で侵入しないでほしい。

本当にこの付近の住民は怒っている。


にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ
にほんブログ村
[PR]

by kodairaracing | 2011-04-10 23:38

168時間

3月17日

すでに東北関東大震災から
168時間が経とうとしている。

被災地や原子力発電所ではいまなお
危機が進行中だ。

この168時間で平和だった日本が
瞬く間に変わってしまった。

我がアルファロメオ155には
12日土曜日未明、
こんな事態になる前に給油した。

しかし連日ニュースを見ると
このガソリンが被災地の
クルマに入ればどれだけの
人々が助かるのだろう・・・
そう考えると胸が痛い。

しかしこの震災の影響は
48時間後には東京にも忍び寄った。
ガソリン不足と電力不足だ。

14日、私は都心まで自転車で
通勤することにした。
案の上公共交通機関は混乱した。
予定されていた計画停電は回避されたようだ。
件の取締役は電車通勤の社員のことなど
微塵も考えず、自慢のBMWのガソリンが無いと
営業中のガソリンスタンド探しをするといって
多数の社員の知らぬ間に昼過ぎには帰ってしまった。


15日、自宅に帰ろうと井の頭通りを
走っていると武蔵境の浄水場から
真っ暗である。交差点に見えるのは
警察官の白い反射ジャケットと
赤いライトだけ。ここでも左右を見ずに
強引に通過しようとする愚か者がいる。
帰宅後、自宅ではマグライトを
ろうそくモードにして過ごす。

★マグライトはレンズ部分を外して台座にできる。
レンズ部分に本体を差し込むとろうそくのように
使うことが出来る。


16日、会社で皆がガソリンスタンドに
行こうという。何事か?どうやら近所の
GSで一時営業再開とのこと。しかし
長蛇の列だ。件の取締役は自慢のBMWを
「飼い犬」に乗らせ、一日かけて
4~5箇所のGSに行かせ、
満タンにさせたことを自慢、
直後帰宅した。

17日、我が工場のお客様にして、
著名なイタ車コレクターが来店された。
「皆無事か。良かった。まあコーヒーでも飲もうよ」
なんだかこの人と話をしていたら、
すっかり滅入っていた私も若手も元気が出た。
しかしそれもつかの間、大規模停電の知らせだ。
工場を17時に閉め、とにかく帰る。
停電終了後、ニュースを見ると、
ガソリンは来週末にも供給が
再開できる予定との朗報。
自衛隊も原子炉に放水を開始した。
「がんばれ!」

18日、あと6時間弱で168時間が経つ。


にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ
にほんブログ村
[PR]

by kodairaracing | 2011-03-18 09:01

藁にもすがりたい

3月15日

福島の原子力発電所が今危機に瀕している。
今日本だけでなく世界の皆が心配し見守っている。

昨夜の電力会社の記者会見は錯綜し、
現場は税金泥棒国会議員の野次と同じく
マスコミによる低次元の質問で
さらに混乱してしまった。

今は誰の対応がどうだとか、官房長官が言った言わないとか
そんなことを取り沙汰している時間は一秒たりともないはずだ。
彼らも今現在苦しんでいるのだ。これを助けて少しでも
役に立とうという気概はないのか?

皆で力を合わせてこの難局を乗り越えなければならない。
マスコミだって貴重な燃料を使っているのだから、
まだ救いの手が入っていない被災地域の現状を一刻も早く告知し
より多くの命を早くに救う手助けをすべきだ。

昨日は結果的に計画停電が夕方に実施された。
朝の通勤時間は混乱があったが、これも取るに足らない出来事だ。
そもそも土曜、日曜と地震が発生してから2日間時間はあったはずだ。
こんな国家的非常事態なのに社員の通勤環境に影響があることくらい、
日頃から優秀だと「自画自賛」してやまない会社経営者には予想がつくことだ。
しかし「ねばならない」勤勉国家日本。
「勤勉な国民」はこんな非常事態でも会社に遅刻してはならないと
会社に恐喝されているから懸命に出社しようとならざるを得ない。
逆にそんな愚かな会社に出社して
被災地域の救援に直結しない仕事などしてもらわずに
停電した自宅で何もせず待機してもらった方がよっぽど
今の日本にはありがたいし、そんな通勤客を乗せる
電車を走らせる余分な電力はもはやこの日本に無いはずだ。
また出社して再び帰宅難民が発生し、震度7を超えるような
余震が都内で起き、労働人口が減ったらどうするのか?

今は救援に直結する仕事が最優先だ。
その他の仕事が被災地の人々に貢献するのは
まだまだ先の話だ。物事は順番だ。

しかも昨日計画停電を終日実施しなくて済んだのは
日本の皆が節電に努めた結果だろう。なぜこのことに
気づかない愚民がいまだに存在するのか、とても腹立たしい。


ところで昨日槍玉にあがった勤務先の取締役だが、
今日はゴルフコンペの予定だ。昨日からスケジュール表に
変更記載は無い。もうこれ以上は言うまい。


こんなことばかりでは気が滅入るので話を変えよう。
我がアルファロメオ155は一昨年の夏にオーバーヒートを
起こしている。冷却水が蒸気となってボンネットの隙間から
噴出し、油温が120℃を超えても奇跡的にシリンダーヘッドは
歪まなかった。私はそのときやるべき対処方法を冷静に
順番に手順を踏んで行った。結果そのエンジンは今でも
その営みを平穏に続けている。
同じ人間が英知を結集してつくったものを
同じ人間はもっと信じるべきだ。
とにかく最後まであきらめずに最善を尽くす。
今日本はその半分が壊滅状態だ。
国民全員でこの危機から脱しなければならない。


写真は13日の地元のGSの様子だ、給油待ちの車で満杯だ。
20リットルの給油制限だが夕方の5時で売り切れ、
客が来ないように照明を落としている。
b0210221_737437.jpg


にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ
にほんブログ村
[PR]

by kodairaracing | 2011-03-15 07:44

責めるべきは

3月14日

今朝何事もないかのように
勤務先の取締役から今週のスケジュールが
メールで配信されてきた。

しかし世の中は何事もないわけではなく、
輪番停電によって通勤がままならない状況だ。

我が工場は表玄関の看板・エントランス照明など
余計な電気設備は全てOFFの状態で稼動を開始した。
しかしそれでも目立った動きは自粛したい。
顧客からも「せめて節電でも被災地に協力したいので
キャンセルにしたい。」と連絡をいただいた。
これが常識ではないだろうか?

しかし勤務先の経営陣は
「おとなしくする必要はない。あくまで通常営業しろ。」

しかも11日夜工場に宿泊待機後、12日未明帰宅後の朝
もらった電話は海外出張からの戻りよろしく
「電車が動かないので社用車の鍵はどこにある?」
被災地から離れた東京にいたとはいえ
我々社員の状況のことなどまったく訊ねる様子はない。
まったく想像力に欠けている。

昨日は各地の給油所で燃料が売り切れた。
さらに電力会社が停電をする旨発表。
これだけで今日(14日)通勤時に混乱が起きることは
十分に予想できるはずだ。
会社の経費かはたまた役員報酬で買った
レクサス、BMWよろしく
早朝出勤するのがステイタスと
勘違いしている経営陣だから
なおさら始末が悪い。

日本の半分が機能麻痺状態なのに
緊急で幹部を招集し対策会議をしようともしない。
日本の半分が生死の境をさまよっているにもかかわらず、
今後も自分の会社のビジネスが普通に続くと
思っているのだったら、即刻その身分を辞して欲しい。

あまりにもくだらなすぎるが、
その役員、土曜日の未明に社用車で帰った社員のせいで
自分は社用車を使えず、
間引き運転で混雑した電車で帰る羽目になったと
今朝一番その社員を罵倒したらしい。

我が工場の若手も満員電車で急病人が出て、
次の駅で降りようと声を掛けたところ
ドア脇の50歳代の会社経営者風の御仁だけ
最後までどかなかったそうだ。
彼はその御仁を怒鳴りつけやっとのことで
駅員に病人を預けた。

あまりに不謹慎かもれないが、
こういう低レベルな連中がまとめて被災してくれたら
世の中はちゃんと生まれ変われる。

なぜ地道に漁業をやっている善良な人々はじめ
勤勉な人々が今回のような大災害にあわなければ
ならないのか?世の中どこか間違っている。

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ
にほんブログ村
[PR]

by kodairaracing | 2011-03-14 10:55

この大罪許すまじ

3月12日

11日14:45頃
私は工場の窓枠に手をつき、ふと外を覗いた
ガタガタとガラスが震えはじめる。
外へ出ると、近所の高層マンションが
まるでゴムのように前後左右にしなって
揺れ動いている。
ビルからでてきた人々で道路があふれかえった。

15:00頃
帰宅困難を予想し、食糧の調達に走る。

15:30頃
TVニュースで今回の大地震を知る。

16:00頃
工場を閉め、いつでも脱出できるよう、
社員に指示をだす。
余震が続く。

17:00頃
電車は動かず、道路が渋滞し交通障害が発生。
工場で待機することに決める。
工場前の歩道は徒歩で帰宅しようとする
人々であふれ始める。

24:00頃
電車は私鉄や地下鉄の一部が運転再開。
一部の社員が帰宅する。

12日 1:00頃
工場内、周辺の安全を確認し、
仮眠をとる

4:30頃
道路渋滞が解消し始めたので、
各自地域別に分乗して自動車にて帰宅。


6:45頃
私は我がアルファロメオ155とともに無事帰宅。


8:00頃
家族、同僚、部下、知り合いと連絡が取れ始める。
皆無事だ。


「無事」なんと有難いことか。

東北の被災地域の人々の惨状を知るにつけ、
胸が痛む。

津波による濁流に家屋・船・車達が
なす術なく飲み込まれてゆく。

そして各地で火災が発生し、
その勢いにはただただ茫然とするしかない。

家族、兄弟、友、仲間
日本に生まれ育ってきた
いわば「家族」の生命が、そして皆で
永年に渡って創り上げてきたものが
自然の営みのひとつ、
そうだたった一つの事象で
奪われ、破壊されてしまった。

いくら自然現象とはいえ、
これは大罪ではないか!
今私はこの自然という悪魔を許すことができない。
これを仕方ないとあきらめるのか?

私はモノを作る仕事を生業にしている。
だからなおさら悲しく、悔しいのだ。
創り上げる、生み出すには計り知れない時間がかかる。
人間が生命を育み、社会を作り上げるのに
どれだけの時間と犠牲を費やしてきたか?
だからこそこんな自然による破壊行為を
断じて許すことができない。

自然を、地震を許すことができない?
頭がおかしいか?
今までは地球に住まわせてもらっている以上、
仕方がない。私もそんな風に考えていた。
しかしここまでの仕打ちを受けると、
もう許すことはできない。
この償いは必ずしてもらう。

神よ、もし存在し高見の見物をしているなら、
相応の覚悟をしておいた方が良い。
いままでお前が破壊し奪った命はその魂達は
お前のいる天に未曾有の津波となって
お前に襲い掛かるだろう。

今はとにかく育んだ生命、創り上げたすべてを
奪われ、破壊されたことがショックを通り越して
許せない。

いいか神よ、自然よ、
我々人類を蹂躙し冒涜したことを
よく覚えておけ。我々は負けない。
何度でも立ち上がって
生命を、社会を、文化を復活させてみせる。

必ず必ず皆で幸せをつかむ。

その為にもすぐに
くだらぬ争いをやめ、
弱きを助け、
手を取り合い
互いを思い
ともにこの困難を
乗り越えるべく
立ち上がろう。
今はそう考えることしかできない。

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ
にほんブログ村
[PR]

by kodairaracing | 2011-03-12 21:57

正義とは

2011年2月初旬

私が工場長を務める工場には
世界の名車が集う。
顧客はいずれも経済的に豊かな人々だ。

しかし我が工場は礼儀を重んじている。
仕事のクォリティには一切の妥協はせず、
入庫したクルマの美しさはその追及に限りはない。

よって礼節やマナーに欠ける御仁は
自然と訪れることがない。

礼儀を忘れ、正義を軽んじ、
人を踏み台にする者にとって
わが工場は非常に居心地の悪い空間である。
我が工場は名車を愛し、苦節を乗り越えてきた
高尚な人々が顧客であり、その人々に支えられている。
だから私も全力を尽くすのだ。
云わば正義の集う工場である。

b0210221_23445165.jpg


どこのどんな工場とは云わないが、
私の工場にクルマを預ける場合、
礼儀と正義があるか
たかが自動車を扱う工場に
人間を試されているのだ。

悔しいか?
バカバカしいか?
ふざけるなと思うか?
しかし無礼な者は
私の工場に立ち入る資格はない。
無理に立ち入っても
ケルヒャー製の超高温高圧水で
物理的に排除する。
覚悟をしておいた方が良い。


にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ
にほんブログ村

にほんブログ村 車ブログ イタリア車へ
にほんブログ村

にほんブログ村 車ブログ 車 輸入車・外車へ
にほんブログ村
[PR]

by kodairaracing | 2011-02-11 23:48

雑誌を読んで

ある著名な自動車雑誌の巻頭コラムにて
遅い前走車に進路を譲ってもらえない
もしくは嫌がらせを受けたという
高速道路でのマナーについて書かれていた。

著者の言い分も十分に理解できる。
自分も同じ状況には幾度となく遭遇しているから。

その著者はポルシェに乗っていたと書いてある。
ポルシェは世の中のドライバーの大半が
一生触ることすらできない高級車であることも事実。
マナーの悪い連中にとっては僻みの対象だ。
嫌がらせを受ける不運は日常にありふれている。

観点を変えてみると、もしその著者の車が
黒塗りのメルセデス、レクサスだったら
状況は変わっているはずだ。
進路は譲られ、その著者はフル加速できたはずだ。

大変書きにくいことではあるが、
5ナンバーサイズにほぼ収まるポルシェでは
現代の一般ドライバーに譲らせるには迫力不足だ。
それも現実だろう。

ところで後続車は先行車の道路状況に関して無責任である。
これが私の持論だ。左折待ちの交差点で横断者を待つ
先行車にイラついた経験はないだろうか?
信号の無い横断歩道の歩行者を待つ停止車両に
クラクションを鳴らしたり、歩行者がいるにも関わらず
追い越した経験はないだろうか?
高速道路でいえば、自動速度取締装置があって、
あわててブレーキを踏んだ先行車を
左から追い越したりしなかったか?

私の経験で言えば、東名高速の海老名SAを過ぎた、
ところの自動速度取締装置での出来事だ。
私は115㎞で流れる追い越し車線を流れに合わせて走行、
走行車線には数台の車が並走しており車線変更は
すぐにはできない状況だった。後ろから130㎞位で
追いつこうとしているBMW5シリーズがいた。
直後そのBMWは空いた走行車線に移り、
私と私の前走車3台を追い抜いた。その瞬間だ。
目の前が真っ赤に光ったのだ。走行車線のカメラの
ストロボがBMWを鮮明に照らしたのだ。

そのBMWはリスクを冒すどころか、
ミステイクをしてしまった。
言うなれば「オービスに気を付けなきゃ」という
その場の「流れ」を無視したために
そのBMWは違反をしてしまった。
結果として損をしたのだ。

違反など気にしないといくら強がっても
違反や事故を起こした後は
だれでも自己嫌悪に陥る。
その場だけでもゆっくり走ればよかったと。
それが正直な気持ちだろう。

たとえリスクを冒しつつも
我が道を行くと格好つけていても、
警察署から出頭命令があったり、
事故を起こしていては
それにどう対処するにせよ
格好悪いとしか言いようがない。

この世の中には個人の意志と同じく、
「流れ」がある。
この著者のいうような恰好よさは
個人の意志や生き様を貫くだけでは
醸し出されないと私は思う。

ただでさえ目立つ輸入車に乗っていると、
周囲からちょっかいを出されたり、
邪魔をされたりいやなことがある。

決してへりくだることは無いが、
受け入れずとも、
輸入車は一般大衆にとって僻みの対象であるという
認識は必要だろう。
(でも黒塗り系の堅気では無い人々の車には
誰も刃向わないのが都合良すぎではあるが・・・)

「流れ」にのまれず、流れをのんで
自分の流れの一部にしてしまうくらいの
あざとさという名の寛容さが欲しいものだ。


リスクを冒すのはここぞという時、
たかが空港へ急ぐ時にすることではない。
「24」のジャックバウアーではないのだから。

じゃあお前はどんな時に
「男」をやっているのかって?
そりゃあ早朝のだれもいない峠でクルマが
全開で横に滑る時に決まってる。
それ以外で冒す「リスクの在庫」は
あいにく持ち合わせていない。
恰好よく決まればOK、
失敗してもいかに自分をさらけ出せるか、
格好良い男はどんな時も格好良い。

b0210221_21524027.jpg


その著者の言い分しかり、
しかしながら一個人の認識能力では
今何が起きているのかすべてを把握できるほど、
今の世の中は単純ではない。
残念ながら今は昔以上に慎重にしたい
シチュエーションが増えている。
もしかしたら遅い前走車には
その車の性能、ドライバーの能力以外に
何かほかの理由があるのでは?
さらに言えば
「より速く走るクルマが
より遅く走るクルマを追い越す権利」
「高速道路に追い越し車線がある道理」
が通用しない世の中が平然とそこにある。
だから100㎞/hぴったりで追い越し車線
をのうのうと占有する愚か者が存在する。

そう考える「反射神経」が今求められていると思う。
単純に相手を払いのけ批判する「反射神経」は
スノッブな高度経済成長期の前世代類人猿だけが
取り柄と思っていればいい。

私が言いたいのは
自分に事情があるのと同じに、
相手にも、世の中にも事情があるということ。
その中で自分のやりたいことをいかにやりぬくか、
そこがテーマだと思う。そぐわない相手、世の中を
批判して排除してやりぬくのか、それとも
全く相手にせず異次元の速度でやりぬくか?
どっちがクールだろうか?

あと一つだけ、
世界に名だたる高級車をテストできるんだったら
東関道で遭遇した遅い車など無視して、
ニュルブルクリンクでアストンマーティン全損とか、
ナルドのテストトラックでガヤルドで横転したとか、
それでも無事ファーストクラスで昨日帰国。明日は
箱根で取材なんてそういう生き様の方がよっぽど
「ライフ イン ザ ファストレーン」だと思う。

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ
にほんブログ村

にほんブログ村 車ブログ イタリア車へ
にほんブログ村

にほんブログ村 車ブログ 車 輸入車・外車へ
にほんブログ村
[PR]

by kodairaracing | 2011-01-05 21:52