FLAT OUT 155

A.L.F.A 100周年イベント IN ソレイユの丘

2010年10月3日

まず最初に
このブログではアルファロメオ155のダイアリーに関して
2年前から順に紹介している。よって現在進行中の内容と
年月日が前後している。

昨日は20数年ぶりに横須賀へ赴いた
目的はソレイユの丘で開催される
アルファロメオイベントへ参加するからだ。
今年は夏休み前から休日というと必ず
殺人的な渋滞がそこかしこで発生していたので
早朝に出発した。用賀で知人を乗せ、
私が敬愛してやまない横山剣を聞きながら
第三京浜~横浜新道~横浜横須賀道路へ、

ところで「横横」は剣さんの歌のように
「横浜横須賀ワールド」に
「ワープ」させてくれるから大好きな道だ。
「タイガー&ドラゴン」を聞いていると
思わず走行車線をクルージングしてしまう。

そして三浦縦貫道路を行くと相模湾はもう近い。
会場のソレイユの丘は
なだらかな丘陵地帯にあり、
異国情緒のある場所だ。

丘陵地帯にアルファサウンドがこだましている。
7時をまわると続々と歴代アルファロメオが
集まってくる。

155はおおよそ10台が参加、
V6:4~5台
V6リミテッド:1台
ザガート:1台
TS16V:3~4台
といった内訳だったと思う。

ジュリアシリーズよりも台数が少ないというのも
昨今の実情を象徴している気がする。

さらに台数が少ないのが
75、164、SZ、145といったクルマで、
10台に満たないのではないか。

昨日の会場に来た方はどう感じたか知らないが、
ジュリアシリーズや
156、147以降のモデルは
メディアで露出される機会が多いので、
いわゆるこの間の時代のモデルを見るのに
良い機会だったと思う。
私は特に164をゆっくり眺めていた。

主催者によると、
375台が参加し、約100台が見学にきていたという
500台近くのアルファロメオが集結する事は
まずないだろう。

メーカーや輸入元、正規ディーラー、
いわゆる「重鎮」が来ないのか?
という声もあったと聞くが、
アルファロメオを愛する人々が
善意でこんなに沢山集まったのだから、
この際そういうことは関係ないと感じたのが
正直なところだ。
だって僕らのアルファロメオが集まっているのだから。

剣さんの歌にこんなフレーズがある。
「誰もが自分のクルマのことしか興味がないから、
週末の夜は自分と自分のお祭りなのさ。」

(クレイジーケンバンド:「アメ車と夜と本牧と」・アルバム ソウルパンチ)


つまるところ自分の愛車が一番可愛いのだ。
自分と愛車が喜べるイベントがあるって
とてもいいことじゃないか。

b0210221_11236.jpg



催事について会場で色々と意見があったことを
参加した皆が知っていると思う。
しかし好意で一生懸命やっている人々に意見するよりも
より楽しいイベントにするために創意工夫を皆でしよう。
マナーの悪い者については自然淘汰されるのを傍観しようではないか。
一部のマナーの悪い者は主催者や参加者(好意と善意)の揚げ足を平気で取る。

マナーの悪い者は
呼吸をしても
人生を歩んでも
仕事をしても
遊んでも
アルファロメオを運転しても
マナーが悪いのだ。

どう転がっても自分はマナーが悪いと自覚して貰わない限り、
改善は望むべくもない。
これは日本に自動車文化が根ざしていない原因のひとつだ。
既存の文化に便乗するマナーの悪い者は大勢いるが、
文化を育む者にマナーの悪い者はいないはずだ。
たぶんもうそろそろ文化を育む時がきているのではないか?

三桁の金をかけて全塗装した愛車の脇を
カメラやバックを肩から下げてスレスレに
通られるのは正直マイッタという参加者は
少なくないはずだ。

子供が見たことのないアルファロメオに駆け足で近づく。
「こらっ!触っちゃダメ!!」母親の怒号が飛ぶ。
しょげる子供はちょっと可哀そうかもしれないが、
これで正しいのである。全くもって正義である。

あるイタリア車の博物館で
入館料が高価だとか、
なんで子供が入館できないとか、
なんで写真を撮れないのかとか、
不満を漏らした輩がいたが、
逆に尋ねるが、
勝手に自分のガレージに侵入されて、
くそガキにいたずらされて、
盗撮されたら、
どんな気分がするだろう?

話がそれたが、
ソレイユの丘には
アルファロメオを愛する皆が
善意で集まった。
嫌なことがあったことは残念だ。
でも今度は(来年は)ぜひ
「マナーの良い皆だけ」で集まろう。
自分のアルファロメオを愛する
隣人のアルファロメオも愛する
その気持ちを大事に育てようではないか。

次回は参加者条件に
「紳士淑女であること」
「マナーを大切にすること」
を定めたらいかがだろうか?

主催者の皆様へ
とはいってもとにかく
イベント開催お疲れ様でした。
楽しい一日をありがとうと言いたい
参加したアルフィスタ皆も同じ気持ちだと思う。

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ
にほんブログ村

にほんブログ村 車ブログ イタリア車へ
にほんブログ村

にほんブログ村 車ブログ 車 輸入車・外車へ
にほんブログ村
[PR]

by kodairaracing | 2010-10-04 11:04 | イタリア車
<< タイヤ交換2回目 なぜアルファロメオは? >>